チランジア・カウツキー3号の成長記録

これからこの記事ではチランジア・カウツキー3号の成長記録を付けていこうと思います。

とりあえずは3ヵ月ごとに更新していく予定です。

 

チランジア・カウツキー3号を育てている環境

  • 【置き場所】2016年10月~2017年4月中旬は室内・部屋の中心(植物LED使用)、4月中旬~屋外・ベランダ(東向き)、7月中旬~9月中旬は遮光22%、2017年11月~2018年4月下旬は室内・部屋の中心(植物LED使用)、4月下旬~9月中旬は屋外・ベランダ、7月中旬~8月下旬は遮光22%、2018年9月中旬~2019年4月下旬は室内・部屋の中心(植物LED使用)、4月下旬~10月中旬は屋外・ベランダ、2019年10月中旬~2020年10月は室内・部屋の中心(植物LED使用)
  • 【水やり】2016年10月は2~3日に1回(霧吹き)、2016年11月~2017年1月上旬は3日に1回、2017年1月上旬~2020年10月はできるだけ毎日
  • 【固定なし】テラコッタ受け皿+軽石

 

【2016/9月下旬】到着時のチランジア・カウツキー3号

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%84%e3%82%ad%e3%83%bc3%e5%8f%b7_201609

環境を変えて育ててみようと購入したカウツキー3号。こちらはベランダで育てます。

 

購入時の記事

チランジア・カウツキー2号3号が仲間入り

 

【2017/1/8】購入から約3ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約3ヵ月が経ちました。

2号と全く同じ環境で育てているのですが、個体差なのか3号の方が乾燥しやすいようです。(写真を撮る為にコルクに乗せていますが、普段は軽石の上に並べて置いています。)

う~ん、大丈夫かな…。とりあえず、少し水やりの回数を増やしてみます。

 

【2017/4/2】購入から約6ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約半年が経ちました。

前回の更新後、水やりをできるだけ毎日するようになったら葉にハリが戻ったのですが、傷んだ下葉を取り続けたら2回りほど小さくなってしまいました…。

実生株の場合は水やりをこまめにした方がいいのかな?それともただの個体差なのか?

ちょっと分かりませんが、しばらくはこのままの水やりのペースでいこうと思います。

 

【2017/7/2】購入から約9ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約9ヵ月が経ちました。

外葉が少し開いてきましたね。

 

【2017/10/1】購入から約1年後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約1年が経ちました。

新しい葉が増えて少し葉が開いてきましたね。

 

あと、嬉しいことに発根してきました。

 

【2018/1/8】購入から約1年3ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約1年3ヵ月が経ちました。

葉がさらに開いてきています。

 

チランジア・カウツキー3号の開花

カウツキー3号が開花したので、時系列で経過を紹介します。

 

2018/1/14

前回の成長記録の約1週間後。花芽が出てきたことに気付く。

 

2018/1/28

2週間後。花苞が赤く色付きグッと出てくる。

 

2018/2/13

約2週間後。徐々に表舞台に。

 

2018/2/25

約2週間後。開花間近の状態。

 

2018/3/12

そして、約2週間後に開花。

 

2018/3/14

2日後。3つ目の花が咲く。

 

2018/3/15

次の日。4つ目が開花。

 

2018/3/18

3日後。最後(5つ目)の花が咲く。

 

今回は花芽が出てきたのに気付いてから約2ヵ月後に開花。

その後、6日間かけて全部で5つの花を咲かせてくれました。

 

正直、この株はまだ小さく、開花サイズまで育っていないのであまりいい開花とは言えないと思うのですが、綺麗な開花姿を見せてくれたのが嬉しかったです。

おそらく、一度自分が枯らしかけたので生命の危機を感じて開花したんじゃないかと思っています。

 

それでも、株の大きさに似合わないくらい大きく赤く色付いた花苞は魅力的ですね。

スプレンゲリアナと違い、花苞にトリコームがのっているので、また違った魅力を感じます。

いつか子株が出てきたら今度は大きく育てて開花させたいですね。

 

【2018/4/1】購入から約1年6ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約1年6ヵ月が経ちました。

開花後の子株待ち状態です。

 

【2018/6/27】購入から約1年9ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約1年9ヵ月が経ちました。

開花後の子株が3つ出てきています。今後の成長が楽しみですね。

 

【2018/9/30】購入から約2年後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約2年が経ちました。

子株たちの成長はゆっくりですが、カウツキーの子株だなと分かるくらいにはなってきましたね。

 

【2019/1/14】購入から約2年3ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約2年3ヵ月が経ちました。

子株たちは葉数が増えてふっくらしてきています。

 

【2019/3/27】購入から約2年6ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約2年6ヵ月が経ちました。

じわじわと少しずつ大きくなってますね。

 

【2019/6/28】購入から約2年9ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約2年9ヵ月が経ちました。

葉数が増えて株元が少しどっしりしてきましたね。

 

【2019/10/6】購入から約3年後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約3年が経ちました。

前回までは横に大きくなっていましたが、今回は縦に背を伸ばしています。

 

【2020/1/14】購入から約3年3ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約3年3ヵ月が経ちました。

葉数が増えて3つとも親株より大きくなってますね。

いい感じです。

 

チランジア・カウツキー3号の開花(2回目)

カウツキー3号が開花したので、時系列で経過を紹介します。

今回は2回目の開花で、前回の親株の開花は【2018/3/12】でした。

 

2020/2/2

3つ全てが開花準備に入ったことを確認。

 

2020/2/23

3週間後。赤い花苞が表舞台に。

 

2020/3/10

そして約2週間後に最初の開花。

 

右側。

 

左側。

 

少し上から。

 

2020/3/13

3日後。どんどん咲いてくる。

右側。

 

左側。

 

そして後ろ側も。

 

クランプ開花の全体像。

 

2020/3/19

6日後。最後の開花。

 

開花終わりの全体像。

 

今回は開花準備に入ったことに気付いてから、約1ヵ月後に開花。

その後は、9日間かけて次々と花を咲かせてくれました。

 

カウツキーのクランプ開花は本当に綺麗でテンションが上がります。

こういう魅力的な開花姿を見ると多くの人を魅了するのが分かりますね。

 

【2020/4/15】購入から約3年6ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約3年6ヵ月が経ちました。

開花後の子株待ちです。

 

【2020/8/3】購入から約3年10ヵ月後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約3年10ヵ月が経ちました。

今年はベランダに出さずに室内で育てています。

写真だとまだ分かりませんが、開花後の子株が2つずつ出てきてますね。

 

【2020/10/15】購入から約4年後のチランジア・カウツキー3号

カウツキー3号を育て始めてから約4年が経ちました。

3つのうちの1つを外して繁殖用に。

残りの2つも子株が1つずつ増えて3つずつになっています。

 

3 Responses to “チランジア・カウツキー3号の成長記録”

  1. 水やりに関してはどのティランジアと同じなどありますか?腐らせてしまいそうで水少なめの方が良いのかなと思ってます
    毎日やるけど水の量は1発の霧吹きだけみたいな感じなのかなと思ってました

  2. 餌さん、コメントありがとうございます。

    育てている種別の水やりの回数についてはそれぞれのページに書いてあるので、このコメントでの「どのティランジアと同じ」は水の量についてで合っていますか?
    もしそうであれば水やりをする時はいつもその株がビショビショになるまでです。

    「チランジア(エアプランツ)の水やりについて」という記事に育てている環境や季節ごとの水やりをまとめていますので、もしまだご覧になっていないようであれば一度ご覧になって頂ければと思います。
    http://tillandsialife.com/care/538/

    そうではなくて「水を欲しがる性質がどのティランジアと近いか」ということであれば、スプレンゲリアナやスークレイ、普及種であればストリクタに近いかなと感じています。

    あと、水やりに関しては環境(光の量、風通し、温度、湿度など)によって変わってくるので、水やり後に観察するのが大事かなと思います。
    例えば、同じカウツキーだとしても室内のLEDで安定的に光が当たっている株とベランダの日陰で育てている株とは求める水の量が変わってきます。

    もし腐らせてしまいそうということで心配なら、水やりの回数を少なめで始めてみてはいかがでしょうか。
    その後に観察して「水の量が足りなそう」と感じたら、水やりの頻度を少しずつ上げていくのが安心かと思います。

    個人的にはメリハリを意識しています。
    ビショビショ⇒しっかり乾く⇒ビショビショというサイクルです。

  3. 詳しくお答え頂けて嬉しいです!ありがとうございます!

コメントを残す